FC2ブログ

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続的・永続的なオーガズムについての小言

kage

2015/07/02 (Thu)

私が思うオーガズムの極致

通常性的快楽が高まり我慢の限界が来ると脊髄にある腰椎という部位から電気信号が発生られ(これが性的快楽の絶頂であるオーガズム)それに”付随”して射精が起こると思うのだけれど、”射精”これが非常に連続的・永続的な快楽への障壁になるのだと思います。

射精をするとその直後、急激な減退感、性欲の衰え等が起きる為、通常連続して幾度もオーガズムを体験するという事はできません。(一般的な方であればできても2、3回程度でしょうか)

”オーガズム= 射精” という認識、または最終的なオーガズムの最後に射精を伴うという認識では(射精を伴う手法)では連続的・永続的にオーガズムを得る事は出来きないと思うんです。(・_・、)

昔から、漫画や二次元のふたなりのように幾度も幾度も射精をするという描写、エロティシズムには非常に興奮し
どうにか実現できないかを考えてきましたがやはり上述の考えでは不可能と結論付けました。(無限に幾度も連続して永続的に射精できたらいいのに!!!)

・・・・
・・・
・・
・・・・という経緯を経て今回のような手法に辿り着きました。私的には連続的・永続的にオーガズムを得る探求の終着点として今回、自伝として書物を書き綴ったのですが。あくまで自身の探求・経験に基づいたものなので一人よがり自伝ですが。。
うーん、、いずれにしろ今回の自伝出版で探求は終了にして新たな道を歩こうかと思いますが、
こう考えると私は今まで色々な方々の作品から影響を受けたり大分変態だったな~というかなんというか・・・色々と想い巡る今日この頃です(・_・、)
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。